夏の終わり

a0096464_23323076.jpg

土日を利用して、スイスのイタリア語圏Ticino地方とイタリアのMilanoに行ってきた。
Churからバスで2時間半弱。
Ticino地方の街Bellinzonaに到着。
こうすけ氏のオフィス仲間Davidとその友達と一緒にレストランへ。
イタリアって聞くとやっぱり美味しい食事は外せないでしょう。


a0096464_2350487.jpg

テーブルにおいてあったテーブルペーパー。
Gazosaっていうこの地方でで作られてる独特の飲み物らしい。
レモン味とオレンジ味がある。

レモン味はまあ、
ちゅうかこれスプライトやんって正直思ったけど(笑)
この絵の愛嬌で許します。

ここでは牛肉のタルタルがおいしかった。


a0096464_2333393.jpg

次の日はBellinzonaから電車に乗ってMilanoへ。
念願の、人生初のイタリア!

Duomo周辺は街の中でもお決まりの観光スポットのようで
高級ブランドのショッピングバッグを持った観光客だらけ。

Duomoはシャープで力強く、白さが神聖。
宗教を信じる力って想像できないくらい強いものだったんでしょう。

a0096464_23332640.jpg

中。
すごいわなー。


a0096464_2334371.jpg

Duomoの近くにある、スカラ座博物館へ。
写真は休憩スペース。

古い劇場の醸し出す雰囲気がすごく好きで、
高級感とはまた違うけど、なんだか落ち着く。
こんなシャンデリア、一つほしい。


a0096464_23341569.jpg

ミラノで一番おいしいと言われるジェラート屋さんへ。
棚の中においてあるのは全部ジェラートのコーン。
味の種類もたくさんあって、たまりませんな。
こうすけ氏のこの嬉しそうな顔からわかるくらい(食べる前だけど)
最高においしいジェラートだった。


「Milanoはイタリアじゃない」
と周りの人にいろいろ聞きながら行ってみたけど
いまいちそれがよく分からず。

スイスでないのはよく分かった。
街の人はもっとオープンだし
いい意味でも悪い意味でも適当だし
文化の違いは感じた。

次回はもっと南イタリアへ行ってみないといけないな。


a0096464_2335076.jpg

再びBellinzonaに戻ってバスに乗る前。
左がDavid。男前です。



スイスで過ごすのもあと5日ほど。
オフィスでの仕事もこの間の金曜日で無事終了。

この3ヶ月、一人の建築家と一対一で仕事をしたのは本当によかった。
たくさん勉強になったし、なにより
この一年で忘れていた大切なことを思い出させてもらえた。

この夏の間それほど大きな旅行をすることは出来なかったけど、
週末を利用するだけでもいろいろ行けたし
それはスイスにいたからできたことで
とても恵まれた3ヶ月だったと思う。
楽しかった。

明日からは妹が日本から遊びに来る。
姉妹で仲良く観光客します。

フィンランドに戻ったら、学校が待ってる。
夏が終わるー。
[PR]
by maai22 | 2009-08-30 00:49 |
<< 夏の終わり2 Short trip 2 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31