カテゴリ:日( 65 )
霜月

a0096464_18155448.jpg


すでに気温は日本の冬。
雪はまだ降っていないけど、乾燥していて、さむーい。

日も短くなって、夕方4時には晩ご飯が食べたくなる(笑)

この季節は雨が多くて一番憂鬱なんだとか。
でも今年は比較的天気がいい日が多い。
先週末もきれいに晴れて、気持ちよく散歩が出来た。
写真はそのときのダウンタウンと、Seurasaariという島にある野外博物館。



a0096464_1816157.jpg


今年も無事に誕生日を迎えました。
早い〜。
人生初の、最大のどっきりにはめられたけど、とても大きなプレゼントでした。


連絡をくれた友達にも感謝です。

24歳は自分のなかでかなりいい歳だと、固く信じているので良い一年にします。
[PR]
by maai22 | 2008-11-09 18:35 |
新生活


a0096464_3423815.jpg


私の所属するWood Products Technologyのlaboratoryにて。

グループでの実験課題。
うちのグループは手作りOSBに挑戦。
接着剤をどうやって材と混合するかであーだこーだもめたあと、
結局一番マニュアルな方法で解決。

混ぜた後は加熱圧縮してOSBの出来上がり。
その後曲げ強度実験へ。



a0096464_4103334.jpg


化学の授業にて。
原子分子組み立てキットみたいなのでたしかセルロースをつくった。

先生がかなりつぼ。
無機化学から記憶のない私に、一生懸命教えてくれて、
うんうんって頷いてるけど、頭の中は"?"でいっぱいなんです実は。
ごめんなさい。


脳みそのしわが増えるような勉強をたくさんしてる。
去年は体力使っとったけど、今年は脳力使わんといけん。



a0096464_4431994.jpg


一人暮らしも始まって、だいぶ落ち着いた。

同じフロアなのはみんな男の子で、1人除いてみんなフィンランド人。

フィンランド人の男の子は基本的にシャイで、女の子に最初冷たい。
特に外国人の子には。

ホストファミリーに鍛えられたフィンランド語を武器に、絶対仲良くなってみせる。


***

年末年始日本に帰ることになりました。
1月半ばまでいるので、今度は遠くまで足を伸ばして
会いたい人たちにたくさん会いに行こうと思ってます。

楽しみだ。
[PR]
by maai22 | 2008-10-25 04:48 |
家族

a0096464_448249.jpg


フィンランドの各家庭にとって、子供の誕生日はちょっとしたイベント。
家族はもちろん、親戚、名付け親、友達など、たくさんの人を招待してお祝いする。
こういうイベントは、家族が集まる機会として、とても大事にしている。

子供のお母さんは家の片付けや、セッティング、料理とその日は大忙し。
招待された人たちも、ちょっとおめかしをしていくのが礼儀。
これでもちゃんとしたパーティだから。

先週招待されたのはホストファミリーの甥っこに当たる子の3歳の誕生日。
なかなか男前です、ぼく。



a0096464_4482797.jpg


我が家のアイドルも、この日はおめかしで澄まし顔。
這いつくばって椅子の脚にかぶりついていたのはアイドルの弟くん。現在生後9ヶ月。
[PR]
by maai22 | 2008-10-11 05:11 |
実りの季節?

a0096464_17135273.jpg



8日間連続の晴天。
奇跡。


今、リンゴは最盛期。
街の市場では国産のリンゴが大売り出し。
日本の林檎とは違って、ふたまわりくらい小さめ。
柔らかくて、でもジョナゴールドみたいな柔らかさとは違って、甘酸っぱい。

実際、リンゴは買わなくてもそのへんになってる。
写真のも建築学科棟の中庭の木から。
こっちの人たちはそのへんを歩きながらリンゴをかじってても変な顔されないので、
最近のヘルシーおやつ。


庭の木の根元に生えていたキノコたち。

おぉーこれ、ぜったい椎茸やん。て思った。

でもフィンランドにはたくさん野生のキノコがあって、へたに食べると猛毒キノコの可能性もあるから、
確証なしで食べるのはかなり危険。
写真をとって知り合いに聞いてみたけど、残念ながら彼には判断しかねるものだったらしく、食べる許可はおりなかった。

えのき茸そっくりな猛毒キノコもあるらしい。
そのせいで、フィンランドにはえのき茸は輸入できなんだとか。



a0096464_17155862.jpg


こちらは学校からバスで5分のところにある小さな美術館。
Henry Mooreに心動かされた。
[PR]
by maai22 | 2008-09-28 17:23 |
夏休みも終って


a0096464_2348346.jpg


すっかり9月も下旬。

気温は朝は4、5℃。昼間も上がっても11℃。
…日本の冬みたいじゃないですか。
もうそんな季節。

でもたまには今日みたいに、涙が出るくらい気持ちのよい日もある。
うきうきしながら街に出て、久しぶりに海辺を散歩しに行ってみた。
考えることはみんな一緒のようで、ジョギングや散歩する人たちで海沿いの歩道はちょっとした混雑だった。


学校も始まって、まじめに木の勉強してます。
建築学科と違って、きちんきちんと段階を踏んでいくカリキュラムの構成がしっかりしていて、感心。



a0096464_2347718.jpg


こちらは10月から引っ越す予定の部屋。
なかなか広くてかつ安いので気に入っています。
今更ながら初めての一人暮らしで、ちょっとわくわく。
[PR]
by maai22 | 2008-09-22 00:13 |
夏祭り

a0096464_44172.jpg


ここ最近は天気もくずれやすく、雨が降れば上着を着ていても肌寒い。


夏の終わりの8月は、フィンランドのあちこちでお祭りがある。
映画祭、ダンス、コンサートなどなど、ひっきりなし。

先週の金曜日はTaiteiden Yö (The night of the Arts)というお祭りの日だった。
ヘルシンキのあちこちのギャラリーでパーティが開かれたり、骨董一があったり、古本屋で全品25%offだったり(もちろん行った)、屋外のジャズセッションがあったり、美術館や博物館が夜22時までタダで入れたり。

この日だけは遅くまで遊びに出ることが許される子供が多いらしく、街は幅広い年代の人、人、人。

適当に美味しいところだけピックアップしてまわり、ささっと帰った。
でもきっと夜遅くが一番盛り上がるんだと思う。


a0096464_4414043.jpg


さてこちらもこの時期の風物詩。


ザリガニ。
たしか7月の終わりから期間限定でザリガニ漁は解禁される。
とても高級品で、フィンランド人も一年のこの時期に、一度くらいしか食べない。

塩ゆでされたザリガニは、味の凝縮した、ぷりぷりの蟹みたいな感じ。
汁をあちこちに飛ばしながら噛み付いて、手を怪我しながら食べます。
おいしいのですこれが。
[PR]
by maai22 | 2008-08-28 05:03 |
掘り出しものは


a0096464_5135179.jpg



ヘルシンキには古本屋さんがたくさんある。
本当にたくさんある。

このあいだふらっと入った古本屋さんで、かの有名なGAを発見。
5ユーロ。
いくらユーロが高いといってもこれは安い。
即買い。


これに味をしめて古本屋を見つけては入るようにしてる。
レジには、いかにもアンティークなおばちゃんがいたり、
中学生くらいの太った漫画好きの男の子が座っていたり、
若い男女の店員がいちゃついてたり、
本屋によってそれはそれは様々だけど、逆にそのほうが忘れたりしない。

なにより山積みになった中からお宝を探すのは楽しいもの。



a0096464_5141170.jpg



久しぶりに登場。我が家のアイドル。
一年も経つとこんなにも大きくなるのです。

彼女も既に双子のお姉さん。
美人になってね。

[PR]
by maai22 | 2008-08-21 05:32 |
夏の大仕事


a0096464_3541421.jpg


フィンランド人は家庭を大切にする。

家も大きい方がいいけど、なにより広い庭があることはとても重要。
私のホストファミリーの家にも、日本人からしたらまるで森かっ!ていう感じの庭がある。

でも一番大切なのは、広い庭を持つことではなくて、庭の手入れをしてあげること。
夏のこの時期、週末となれば家のあちこちから業務用ばりの草刈り機が働く音がしてくる。
草を刈って、花やベリーの苗を植えたり、なかなかの大仕事。

美しいけどとても短い夏を、精一杯楽しむためだから、みんな一生懸命する。
彼らにとってはそういう、家庭を充実させることが一番の楽しみのよう。
ちなみに砂場も手作り。

日本では、なかなかそういう贅沢の感じ方はないんだな〜。



a0096464_3533757.jpg


まだまだ天気に恵まれる日もあって、この間は友達のサッカーの試合を見に行ってみた。
おじさんも釘付け。
[PR]
by maai22 | 2008-08-14 04:15 |
日本にいます

a0096464_1815589.jpg
太宰府天満宮。


a0096464_18154678.jpg
天満宮近くのご飯屋さん。


a0096464_1816751.jpg
タケル。男前になっちゃって。


a0096464_18162398.jpg
大分県中津城。


a0096464_18164257.jpg
築107年の木造の料亭。


a0096464_18165893.jpg
絶品の鱧は中津にあり。


a0096464_18172074.jpg
佐賀県三瀬村。日本の田舎は美しい。



久しぶりの日本。

のーんびりしてます。


帰って来たばかりのとき、空気だとか街の景観だとか、出発前に思っていたのとは違うように感じた。
実際そんなに変わってないんだけど、そのときはフィンランドかぶりでその違いを感じたんだと思う。

でもやっぱり母国だけあって、いつのまにかそういう感じは薄れて、なじんでいってしまう。
せっかくだから薄れる前にいろいろ日本のものを見た方がいいだろうな。



ご飯がおいしい。まじで。
毎日感動して食べてばっかり。
一年太らんかったのにこの一ヶ月で違う意味で成長してしまいそう。


出国まであと2週間。
友達とランチしたり、買い物したり、海に行ったりして楽しむ予定。
楽しまなくては。

a0096464_18314163.jpg

この間集まって飲んでくれたみんな、ありがとう。
そのうちまた学校に遊びにいきます。
[PR]
by maai22 | 2008-07-20 18:41 |
HANKO KIOSK


a0096464_4511057.jpg
night view


a0096464_4514761.jpg
敷地はビーチのすぐ近く。



参加しているプログラムの最終プロジェクトが完成しました。

コンペの期間も含めて4ヶ月半。除けば3ヶ月半。
ほんとにできるとかいなって何度も疑ったけど、なんとか終了しました。


***


プログラムは"Icecream kiosk"。
実はフィンランド、アイスクリーム消費大国。寒いのに。
子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、夏はほんっとにみんなアイスクリーム食べてる。
私もこっちに来て、ちゃっかり食べる頻度が増えた。


敷地のHankoという街は海岸沿いの夏のリゾート地。
逆に、冬は海風や雪で厳しい環境。街は静まりかえる。
街の中には至る所に夏の別荘があって、その伝統的な木造別荘たちがHankoのランドスケープを作ってます。


コンペではHankoの景観との関わり、夏と冬の利用され方の違い、
木の使い方の可能性を最も持っている案が選ばれました。
怪しげなファサードの模様の意味もちゃんとあるのです。

a0096464_454178.jpg

a0096464_4543356.jpg
開いているとき。

a0096464_45507.jpg

a0096464_4552168.jpg
売り場。



切ったり、たたいたり、曲げたり、蹴ったり、毎日毎日木と触れ合ってました。
すべてのプロセスが初めてで、何度も足踏みをしなくちゃならんかったり、3歩進んで6歩戻ることもあった。
メンバーとうまくいかなかったり、天気が作業の邪魔をしたり、思い出せば書き終わらんな。。。

でも少しずつ、キオスクが建ち上がっていく過程はとても楽しかった。
ディティールがどうなっているとか、たくさん学ぶことができたし、自分たちで建てた、という事実はとても誇りに思える。

まだキオスク自体は開店してないけど、今年の夏、アイスクリームを買いにみんなと行く予定。
いい4ヶ月でした。


***


プロジェクトが終って、後はレクチャーやらレポートやらちょっとが残ってます。
でも今はちょっとぼーっとしたいな。

ほかの留学生のなかでは既にフィンランドを発った人たちも何人かいて、そろそろ別れの季節がやってきます。


私はというと、こっちの大学院に合格したので、来年以降もこっちに残ります。
夏は仕事も見つかったので、働きます。


そして7月あたまに日本に一時帰国しまーす。
一ヶ月だけやけど、会いたい人がたくさんいます。
みんな遊んでね。
[PR]
by maai22 | 2008-05-16 06:08 |


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30