カテゴリ:旅( 45 )
day 4 : Klippan
a0096464_1636561.jpg

St. Petri kyrka, Sigurd Lewerentz (1966)



a0096464_16421375.jpg


a0096464_17165526.jpg


a0096464_173884.jpg


a0096464_17205027.jpg


a0096464_16452456.jpg


a0096464_1659865.jpg


a0096464_16392041.jpg


a0096464_16411215.jpg



詳細のストイックさは変わらず。

でもMarkuskyrkanと比べて、建築として完成しているという点から
旅のメンバーの中での評価は高かった。

ただこの建築のパワーの強さに、あまりよい印象が持てなかった。
なぜか、冷たさを感じた。こんなにもストイックなのに。
よく理解が出来ていないのかもしれないし、単なる感覚的にそう思っただけなのかもしれない。
[PR]
by maai22 | 2010-09-19 17:39 |
day 3 : holiday
a0096464_16442636.jpg

3日目はホリデイにしよう!ということになった。
この日見た建築はゼロ。

朝から車を走らせ
途中で美しい景色に癒されつつ
友達のAlexを訪ねに、Swedenの田舎地方へ。



a0096464_16444847.jpg

夕方前に到着した私たちを
Alexはさっそく家から歩いて1分の湖へ、連れて行ってくれた。



a0096464_16453383.jpg

こういう景色はフィンランドとそれほど変わりはない。
平坦で湖と森でできた国。



a0096464_16532938.jpg

湖の目的は釣り。
森でブルーベリー摘みというのも有力候補だったけど
どーせ釣れんやろー
とか言いながらチャレンジ。



a0096464_164614.jpg

で、結局3匹釣れた。
英語ではperchっていうらしいけど
小さめのスズキのような淡水魚。
小さい方が、実際味はよいらしい。
次の日に美味しく頂きました。



a0096464_16462190.jpg

このときはまだまだ日も長くて、夕食後の散歩も気持ちがよかった。
特に私以外のスイスからの3人にとって
この北欧の夏はだいぶ印象的だったよう。
私も初めてこんな夜の景色を見たときは感動したものなー。

ということでこの日はよいブレイク、リラックスした日になった。


次の日はもう一つのLewerentz建築へ。
[PR]
by maai22 | 2010-08-22 17:17 |
day2 : Markuskyrkan
a0096464_15434531.jpg

Markuskyrkan, St. Mark's church, Sigurd Lewerentz (1962)


a0096464_154404.jpg

Lewerentzの建築をしっかり見るのはこれが初めてで
それまでは彼の作品についてほとんど知らなかった。
ストイック煉瓦建築。


a0096464_1545877.jpg



a0096464_15453819.jpg



a0096464_16213921.jpg



a0096464_1622729.jpg



a0096464_1546526.jpg



a0096464_15471014.jpg



a0096464_15474752.jpg



a0096464_15464882.jpg



a0096464_15473014.jpg

建物のプログラムは教会だけではなく、広間、会議室、図書室などの複合。
いくつもある部屋それぞれに、それぞれ違う煉瓦の積み上げ方が施されている。

建築空間の話をするより、様々なディティールの違いを見つけることが
この建物を見て自然にしていたことだった。


「教会」という建築を見るための建物ではなかった、
というのが、この後もう一つのLewerentzの教会を訪れ、一緒に旅行したメンバーといろいろ話して
更に今考えた上で言える答えだと思う。

メンバーの中ではいろいろ意見が分かれたけれども
個人的な意見では、異なる煉瓦の使われかたを見ることは興味深かったし
住民によく使われている様子を見ると、建物に対しての悪い印象は全くなかった。


それにしてもストイック。



a0096464_15481573.jpg

3日目は車をがんがん飛ばして、スウェーデンの田舎地方へ。
[PR]
by maai22 | 2010-08-15 16:45 |
day 1 : Stockholm
a0096464_22122694.jpg

Sweden に行ってきました。
目的はがっつりの建築旅行。
Stockholm以外に足を伸ばすのは初めてだったし
それはそれはとても楽しく過ごしました。



a0096464_2213317.jpg

旅のメンバー、スイス軍団。
こーすけ氏、David、そしてPamela。



全員集合した翌日、さっそく旅行スタート。
Skogskyrkogården, Woodland cemeteryへ。


a0096464_2213539.jpg

Woodland crematorium, (1940)

庭掃除の気の良いおじさんがおもしろい話をしてくれた。
この墓地の設計には "8" という数が何かしら関係してる、という。
たしかに柱は8つのブロックを積み上げて出来ているし、
礼拝堂の椅子の列数は8だとか。
「無限性」を表しているというのが説らしい。

礼拝堂には入れず。


a0096464_22143549.jpg

Skogskapellet, Woodland chapel, Erik Gunnar Asplund (1920)

小さな礼拝堂。


a0096464_2216365.jpg

ピロティ。

この礼拝堂も閉。



a0096464_2259989.jpg

Uppståndelsekapellet, Chapel of Resurrection, Sigurd Lewerentz (1925)

異様な迫力のあるエントランス、無表情の背後の建物。

こちらも閉。



a0096464_22592537.jpg

Sju brunnars stig, Seven Springs Way

888mの道



3つのメインの建築の中を見るためには
ガイドツアーに参加することが必要、ということが分かり
ぶーぶー言いながらも日曜日にまたリベンジすることに。

"8" に関する謎もそのときまでとっておくことにした。



a0096464_22172280.jpg

Stadshuset, City hall, Ragnar Östberg (1923)

ナショナルロマンティシズム。
ほぼ毎晩この広間でパーティがあるそう。
○十万円で一晩借りれる、とのこと。


a0096464_2217398.jpg

Stockholms stadsbibliotek, City library, Erik Gunnar Asplund (1928)

a0096464_2229214.jpg

中心の丸い空間、その円の周りに部屋が配置されている計画は
明快で分かりやすい。
高い天井も気持ちがいい。



この日は運悪く月曜日で、休みのところもところどころ。
天気もよくなく、雨に濡れながらの街歩きだった。


次の日からは車をレンタル。
それはまた次回。
[PR]
by maai22 | 2010-08-11 00:03 |
7月

a0096464_217362.jpg

Chapelle Notre-Dame du Haut, Ronchamp, Le Corbusier (1955)


想像していたもものより小さく、
造形的な意匠があちこちに。

見れてよかった、とは思うけど
Ronchampには車で行くことをおすすめします。


a0096464_2175575.jpg


フィンランドを出て、スイスに滞在してました。
なんとも引きこもりな一ヶ月だったけど、やる目標はきちんとこなしたし
ひとりでもんもんとフィンランドにいるよりずっとよかった。


さて、もうひとつビッグな旅行が待っていて
それはいよいよ次の日曜日から。
スウェーデンに飛びます。
[PR]
by maai22 | 2010-07-29 02:31 |
Bernina Express

a0096464_129658.jpg

世界遺産。



a0096464_1292394.jpg


今回のスペシャルゲストは
私の母。

それまでずっと天気の悪かったらしいスイスに
あっぱれと言えるほどの快晴をもたらしてくれた。
母はやはり強し。

フィンランドに来た勢いでスイスまで足伸ばし。
私も便乗。

それにしても天気がよかった。


***


期間限定でしていた仕事も一段落。
またしばらくプー太郎。
週末にはまたスイスに飛びます。
[PR]
by maai22 | 2010-06-22 01:40 |
Rolex Learning Center
a0096464_4155420.jpg

a0096464_4171175.jpg

a0096464_418656.jpg

a0096464_4173241.jpg

a0096464_4183124.jpg
Rolex Learning Center, SANAA (2010)



またしてもスイスを訪れてきた。


今回はChurから少し遠出をしてLausanneへ。
フランス語圏には行ったことがなかったし
この建物も見てみたかったから。

Zürichから2時間で着くから
さくっと日帰り。



見に行ってよかったと思う。

建物は興味深く、また疑問深くもあった。
意外な面も多々。

あと写真を撮るのが
とてもとてもむずかしい。
行かないと分からない感じ。

建物の外がまだまだ建設中だから
全てのエントランス、外部空間が完成したら
また訪れてみたい。
必ず違う印象を受けるはずだから。



フランス語圏のスイスは
また全然変わって

人、建物、街の雰囲気が
なんというか少し庶民化するというか(良い意味で)。
かつフランス語が飛び交っている状態が
ここはスイスなのか?って
思わされたし
スイスってこういう面では
とても不思議な国。


今度はLe Corbusier建築を見にこよう。
[PR]
by maai22 | 2010-03-21 04:51 |
Skogskyrkogården

a0096464_1163389.jpg



a0096464_117261.jpg



a0096464_1173192.jpg



a0096464_1175185.jpg



a0096464_1181347.jpg



a0096464_1183227.jpg
Skogskyrkogården, The Woodland Cemetry, Erik Gunnar Asplund and Sigurd Lewerentz (1920)


突然Stockholmに行ってきた。

スウェーデンもこちらと変わらず
寒くて雪だらけだった。



前回行けなかった、森の墓地へ。

一面に広がる雪のおかげで
スケールが狂ってしまう。

十字架とか
ほんとうは相当にでっかいんだけど。


静寂で力強い

気持ちのよい建築。
[PR]
by maai22 | 2010-02-14 01:41 |
伊勢ー名古屋ー東京

a0096464_23111182.jpg

伊勢、内宮。



a0096464_23113247.jpg

伊勢うどん。



一月に伊勢を訪れたのは
初めてだったけど

神宮はとにかく人が多かった。


でもやっぱり
初詣に伊勢神宮にお参りするのは
ありがたいもの。


今年も健康でいられますように。



伊勢をあとにして
名古屋へ行ったものの、写真無し。。。


ということで東京入り。



a0096464_051217.jpg

東工大百年記念館(1987)篠原一男

ずどーん。




a0096464_23122471.jpg

高校時代の友達にも会ってきた。

べっち。
アメリカの大学を出て、もはやアメリカ人。
やっぱり背が伸びたよ、君。



a0096464_23124752.jpg

ゆかっぺ。
自然博物館勤務。
ガイドの仕事はあなたにぴったりです。



a0096464_23132832.jpg

夕方の飲み。
さらに多くの久しぶりメンバーと。



a0096464_2314233.jpg
左から

よね。
華奢になったかと思ったけど、パワフル。

あやみ。
りっぱな中学校の先生。特技はランニングシュート!

せり。
なんちゃって実は真面目よね、あなた。


a0096464_23143497.jpg

まさみ。
新婚さん。

さとこ。
看護士。てか口でかくない?

あやか。
能勢くん、思い出したよ!


a0096464_23145918.jpg

プリクラー。


なみちゃん、ごっちは写真がないんだけど

みんなすごいたくさん集まってくれてありがとう。
また帰国したときは遊んでね。



a0096464_23152377.jpg

次の日に連れて行ってもらった
ラーメン屋さん。



a0096464_231545100.jpg

ゆかっぺ。
最後の2日間お世話になりました。
そしてごちそうさま。
また境行くよー。



それにしても

なんて寒いんだフィンランド!

本気の大雪。
太ももまで埋まる。
毎日氷点下17℃

年で一番寒い時期は
まだ抜けていないのに。
とほほ。
[PR]
by maai22 | 2010-02-04 00:11 |
福岡ー大阪

a0096464_251069.jpg

a0096464_253035.jpg


大晦日の31日、奇跡の雪!
フィンランドでも雪は見飽きてるはずなのに
えらく興奮した。




a0096464_255349.jpg


おせち。
女3人で
丸一日で仕上げた。

今年も家族みんなが
健やかに過ごせますように。



a0096464_261976.jpg


帰国の後半は日本横断旅行。
まずは大阪へ。

串カツ初体験。
卓球場のある癒しスペースも初体験。
しんぺいさん、よーこりん、あやさん、いまりん、なおと氏、じゅんちゃん
おそくまで遊んでくれてありがとうございました。



a0096464_26402.jpg


京都から駆けつけてくれた
ひろこと。
卒制がんばるのだよー。


この後は名古屋、東京へ。
[PR]
by maai22 | 2010-01-27 02:31 |


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31