カテゴリ:旅( 45 )
福岡1


a0096464_5384992.jpg

福岡にて最初の飲み。
こども店長という人物の存在を、我らがおとな店長に教わりました。



a0096464_5584434.jpg

櫛田神社。
ここの近くにおいしいお蕎麦屋さんあります。



a0096464_541475.jpg

一蘭のらーめん。
んーやっぱりちょっとなー。



a0096464_603082.jpg

海くんと愛子ちゃん。
このかわいい兄妹が遊びにきた。
柳川の川下りのとき。



あっという間に冬休みが終わってしまったー。

昨日フィンランドに戻ってきて
学校の準備をしたり、元通りの生活。
意外とかちっと切り替われるものですな。

忘れないうちに
思い出の記録を少しずつupしていきます。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by maai22 | 2010-01-20 06:06 |
3ヶ月ぶりの
a0096464_5575662.jpg
Christmas market

a0096464_5582121.jpg
a0096464_5584389.jpg
in front of our favorite bakery in Chur


スイス、行ってきました。

3ヶ月ぶりのChurは懐かしいような、
そうでもないような。
よい意味で。



a0096464_60518.jpg
at Office Raphael Zuber

金ってアピール感満点なのがいいと思う。



a0096464_611095.jpg
at Exhibition
Jee!!

勝ったんです。
これが今回のスイス行きの理由。



a0096464_612785.jpg
at Kronenhalle

勝利のVサイン。

夏の私のボスだったAngela。
久しぶりの再会は感動的だった。
彼女の活躍はこれからがとても楽しみ。

となりのPatrick。構造家。
彼は素敵すぎて、もう言葉にならなかった。



a0096464_615442.jpg
Grono construction site
a0096464_621630.jpg

a0096464_623589.jpg


次の日はこうすけ氏の事務所で
施工中の学校の見学へ。

現場ってやっぱり迫力が全然違う。
まだ構造の部分しか出来上がってないから
建築の本質の部分が
本当にピュアな状態で見れた。
現場が動いてるってすごい。

見所はたくさんあったんだけど
もっと詳しくていい写真は
こうすけ氏がいつかアップしてくれるでしょう。



週末だけの滞在だったけど
中身が濃くて、充実してた。
何より、久しぶりに太陽が浴びれたのが嬉しかった(笑)
楽しかった夏をしみじみ思い出させられるひとときでした。


現実に戻り、再び暗くてどんよりのフィンランドへ。
冬休みまであと3週間。
予定としては
椅子、講義、椅子、プレゼン、椅子、テスト、椅子椅子椅子!
という感じ。とてもクリア。

暗いせいか、最近眠くてしょうがないけど
最後がんばるぞー。
[PR]
by maai22 | 2009-12-02 06:54 |
夏の終わり

a0096464_23323076.jpg

土日を利用して、スイスのイタリア語圏Ticino地方とイタリアのMilanoに行ってきた。
Churからバスで2時間半弱。
Ticino地方の街Bellinzonaに到着。
こうすけ氏のオフィス仲間Davidとその友達と一緒にレストランへ。
イタリアって聞くとやっぱり美味しい食事は外せないでしょう。


a0096464_2350487.jpg

テーブルにおいてあったテーブルペーパー。
Gazosaっていうこの地方でで作られてる独特の飲み物らしい。
レモン味とオレンジ味がある。

レモン味はまあ、
ちゅうかこれスプライトやんって正直思ったけど(笑)
この絵の愛嬌で許します。

ここでは牛肉のタルタルがおいしかった。


a0096464_2333393.jpg

次の日はBellinzonaから電車に乗ってMilanoへ。
念願の、人生初のイタリア!

Duomo周辺は街の中でもお決まりの観光スポットのようで
高級ブランドのショッピングバッグを持った観光客だらけ。

Duomoはシャープで力強く、白さが神聖。
宗教を信じる力って想像できないくらい強いものだったんでしょう。

a0096464_23332640.jpg

中。
すごいわなー。


a0096464_2334371.jpg

Duomoの近くにある、スカラ座博物館へ。
写真は休憩スペース。

古い劇場の醸し出す雰囲気がすごく好きで、
高級感とはまた違うけど、なんだか落ち着く。
こんなシャンデリア、一つほしい。


a0096464_23341569.jpg

ミラノで一番おいしいと言われるジェラート屋さんへ。
棚の中においてあるのは全部ジェラートのコーン。
味の種類もたくさんあって、たまりませんな。
こうすけ氏のこの嬉しそうな顔からわかるくらい(食べる前だけど)
最高においしいジェラートだった。


「Milanoはイタリアじゃない」
と周りの人にいろいろ聞きながら行ってみたけど
いまいちそれがよく分からず。

スイスでないのはよく分かった。
街の人はもっとオープンだし
いい意味でも悪い意味でも適当だし
文化の違いは感じた。

次回はもっと南イタリアへ行ってみないといけないな。


a0096464_2335076.jpg

再びBellinzonaに戻ってバスに乗る前。
左がDavid。男前です。



スイスで過ごすのもあと5日ほど。
オフィスでの仕事もこの間の金曜日で無事終了。

この3ヶ月、一人の建築家と一対一で仕事をしたのは本当によかった。
たくさん勉強になったし、なにより
この一年で忘れていた大切なことを思い出させてもらえた。

この夏の間それほど大きな旅行をすることは出来なかったけど、
週末を利用するだけでもいろいろ行けたし
それはスイスにいたからできたことで
とても恵まれた3ヶ月だったと思う。
楽しかった。

明日からは妹が日本から遊びに来る。
姉妹で仲良く観光客します。

フィンランドに戻ったら、学校が待ってる。
夏が終わるー。
[PR]
by maai22 | 2009-08-30 00:49 |
Short trip 2

a0096464_3495754.jpg

Churから一時間、電車でとことこ山を登ってたどり着くArosa。
2年前に来た以来。


a0096464_350233.jpg

相変わらずのきれいな湖と山たち。


a0096464_3504915.jpg

更にケーブルカーで上に登る。
この日は残念ながら雲が多くて、よく見えなかったけど
半端ないスケールの景色はやっぱり気持ちがいい。


a0096464_3511296.jpg

Arosaにはフィンランドから訪ねてきてくれた友達を連れて行った。
母国は平坦な土地しかないだけに、喜んでくれてたみたい。


a0096464_3513526.jpg

出かける前に、レストランで食べたpizzoccheri。
蕎麦粉で出来たパスタなんだそうな。
結構おいしかったかな。
[PR]
by maai22 | 2009-08-11 04:21 |
この一ヶ月
a0096464_19353227.jpg

フィンランドを離れてあっという間に一ヶ月。
スイスは多少暖かいけど、
今年は少し変で、最近は肌寒い日ばかり。
夏よ、カムバック。
日本はそろそろ梅雨明けなんだろうな。


2週間前、k氏の学生最後のプレゼンについて行き、そのついでにちょろっと旅行をしてきました。
a0096464_19444176.jpg

Bauhaus in Dessau

ガイドツアーの説明がドイツ語で残念ながら理解不能。
革新的な建築って言われているけど、細かな部分がとても繊細にデザインされてる。
メッセージ性の強さが印象的だった。


a0096464_1945531.jpg

a0096464_1945337.jpg

Altes Museum, Karl Friedrich Schinkel

こちらはBerlin。

Berlinは噂通りの、建築見るところ盛りだくさんの街で
全てを見て回るのはかなり大変。
電車やバスをうまく使いこなせなかった私たちは
滞在した日数のわりにあまり見て回れなかった気がする。
また絶対行く。

a0096464_19462321.jpg

cocolo ramen

おいしいラーメンと久しぶりのアサヒビール頂きました。
フィンランドやスイスと比べると、物価はずいぶん低いドイツ。
ビールは水より安いし、食文化も豊か。
今が一番よい季節だったらしく、街は活気に溢れ人はみなハッピーでした。


a0096464_19464934.jpg

住んでいるのはスイスのChurという街。
ゆっくりだけどぼちぼちやっています。
やっぱり模型作りばかりしているより、建築を作り出す段階からやるのが面白い。
責任感とかプレッシャーとかあるけど、それは誰もが学ばなければならないことだし。
来てよかったと思う。

今年の夏はまだまだ思い出盛りだくさんになりそうな予感。
[PR]
by maai22 | 2009-07-12 21:36 |
International Plants Messe

a0096464_32462.jpg


ドイツのEssenへ行ってきた。
通称IPM、国際植物博覧会という大規模なメッセに潜り込み、お手伝いをするため。
潜り込みって決して怪しいことではないけども。
会場では生産者はじめ、出荷業者、園芸用品会社など、
植物に関わるありとあらゆるビジネスが世界中から集まってきていた。

不況の影響はこの業界にも然りのようで、
どの生産者たちも企業も一生懸命生き残りの対策を考え、お客さんをつかむのに必死。



a0096464_342343.jpg


このCrispyWaveはなんと福岡生まれ。この子の生みの親の方をお手伝いをしてきたのだ。
なんとCO2を吸収してくれるそうな。
私もお土産に頂いた。
きっと今部屋のなかで空気を浄化してくれているんだろう。
日本ではまだ切り花としてしか手に入らない。
売れると思うけどなー。





a0096464_3446100.jpg


その後はデンマークに移動し、父の知り合いのうちで週末をゆっくりすごしてきた。



a0096464_351088.jpg


一年半ぶりの再会だった。
この家庭には馬が3頭いるそうだ。
今週はイタリアにスキーにいくのだそうだ。
良いなー。
[PR]
by maai22 | 2009-02-05 03:43 |
Madrid

a0096464_50755.jpg



働いているオフィスのクリスマス旅行に行ってきた。

行き先はSpainのMadrid。

空港に着くまで行き先は内緒だったから、分かった瞬間みんな大喜び。
Madridではないけど、フィンランド人は南スペインの暖かい地域によく別荘を持っていたりする。
この憂鬱な季節にはぴったりの旅行先だった。
総勢20名の団体旅行。




a0096464_504713.jpg

a0096464_6102099.jpg


夜中でもにぎわうTapas、Pintxosのお店。
イベリコ豚のハム、チョリソーに感激。
フィンランドでは絶対食べれない、タコやイカやカニやタイラギに感激。

これでしばらくサーモンだけでも我慢できる。




食べてばっかりみたいだけど、ちゃんと建築も見てきた。



実際に建築を訪ねて、見て、体験することはどんなときでも大切で
そういう刺激を大切にするための、クリスマス旅行。
とても勉強になったし、なにより初めてのスペインはとても新鮮だった。
[PR]
by maai22 | 2008-12-11 06:26 |
Fiskars village


a0096464_21532780.jpg



今年は完全に去年より寒い気がする。

といっても去年はあり得ないくらいの暖冬だったらしく、これが普通のフィンランドの冬なのかも。
気温は毎日0℃前後、今日は雪が降ってかつ吹雪いてる。


先週末にFiskarsという、アーティストたちが住む村に行ってきた。
お昼前の村は完全に眠っていて、静かでのどか。
川は水力発電に利用されてるそうな。

村には不定期に、入れ替わりで世界各国のアーティストが住み込みに来る。
彼らが持ってくるのか、たまたま種がついてきたのかは謎だけど、
彼らのおかげでこの村にはいろんな種類の樹種が生息してるんだとか。
フィンランドは基本的にマツ、エゾマツと白樺が主流。


Fiskarsで家具を手作りしている職人さんに会うことがきた。
workshopは木材にあふれて、すごくいいにおいがした。
学校では木のことを勉強しているけど、実際に木に触る機会があまり無いままだなー。



a0096464_21535032.jpg


夜はみんなで餃子をたらふく食べて、職人さんの木工講座を聞きつつ過ごしたのでした。
[PR]
by maai22 | 2008-11-23 22:13 |
夏の思い出

a0096464_3551077.jpg



日本帰国中最後の思い出作りに、唐津→呼子→ツボ家のルートで前夜の仲良し組+いのくちくんと共に遊びに行ってきました。

天気は晴天、ドライブ日和。


a0096464_3553125.jpg



暑かったな〜。


a0096464_3555237.jpg
a0096464_3561776.jpg
a0096464_3563951.jpg
a0096464_3565886.jpg



ようちゃんアップでごめ〜ん。。


呼子のイカはまっじで透明、感動の歯ごたえやった。


滝でマイナスイオンを吸収。
避暑地には絶好です。暑くてもう無理って人にはおすすめ。


最終目的地では、ツボにそっくりなお父さんがお魚をさばいてくれて、あんなにイカを食べたのに、
みんなでたくさん食べた。
ツボありがとう!



一ヶ月の帰国はあっという間で、ぬぽーっとゆっくりしてただけやけど
いろんな懐かしい人たちに会えて、とても楽しかった。
母国はやっぱり帰るべき場所です。



そして、フィンランドに戻ってきました。
あんなに日本で毎日汗をかいて過ごしていた日々はなんだったんだろうっていうくらい、

寒い。

気温20℃いかんってどういうことよ〜。

やっぱり北国なんだな。



さて、今度は最低2年間の勉強。
気持ちを切り替えてがんばります。

ユーロ高に負けんように、学校始まるまではしっかり働きます。

日本の皆様、残暑見舞い申し上げます。
[PR]
by maai22 | 2008-08-05 04:27 |
夏だ、旅行だ、スイスだ!パリだ!

a0096464_5484153.jpg
巨人!?


a0096464_54904.jpg
と思ったら、EURO2008のためのビッグなビッグな選手たちでした。Zurichにて。


a0096464_5492486.jpg
Centre National d'Art et de Culture Georges Pompidou (正式名称こんなに長い)

Pompidou はすごい。 やばい。
想像とだいぶ違ってびっくり。


a0096464_5493927.jpg
Villa Savoye

きれーいに塗られてた。きれーいに。
環境一年のとき思い出した。

***

学校が終って、仕事を初めたばかりだけど休暇をもらってスイスに行ってきました。
EURO開幕直前でお祭り騒ぎ。

って言っても今回はパリでほとんどの日を過ごしました。

ヨーロッパに来てから、あんなに大きな都市に行ったのは初めてだった。
住んでる人たち、空気、におい、時間、街の循環の仕方が全然違った。
いつも東京に行ったときに感じる疲れに襲われて、途中からぐったりしてしまった。

でもとても楽しかった。

一年ぶりにソフィにも会えたし、パリでエクレアを食べる夢も叶ったし。
またぜひ行きたい場所。

***

さてさて、フィランドは明日は夏至前夜ということで、休日です(笑)。
週末にかけても基本的にみんな休み。
ヘルシンキの街は静まり返り、何も知らずにやってきた観光客たちは暇つぶしをする場所も見つからない状態でしょう。
今年の夏至は、友達と近くの島でやってる焚き火を見に行こうかな、と計画中。でっかい焚き火は夏至の伝統らしい。


夏至が過ぎれば帰国まであと2週間ない!やった!
それまでがんばって働きます。

みなさんもよい夏至を。
[PR]
by maai22 | 2008-06-20 06:29 |


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31