<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
よく学んだあとはよく遊べ
a0096464_16243336.jpg


なんともポーズが決まっている、このお二人の隣の木。そうそう、桜なんです。
そろそろ咲いてるだろう、よしっ花見だ!
って意気込んだ割には木は小さいし、咲き具合も微妙。
ていうか葉が出とるし。


a0096464_1625045.jpg


それでも天気は最高で、まあいっかーということになる。
花よりも団子ということで。
おにぎりを作って持って行ったら、意外にも好評で見事完売。



a0096464_16254625.jpg


別の日に少し遠出をして、海しか見えない場所へ。


a0096464_1626132.jpg


ここに来た目的は釣り。
岩はごつごつあったし、浅いしで、どう考えても魚がつれるコンディションではなかったけど、
釣りをする振りをしながら、魚ならぬ海藻を釣りながら、日光浴をたのしんだ。


a0096464_16263969.jpg


オフィスの人たちと、フラメンコのダンスを観に行ったあと。
水槽の魚はちゃんと生きています。
ご飯もおいしかったし、なかなか素敵なレストランでした。



テストもレポートも終わり、すっかり夏休み。
5月に入ってから、よくよく遊んでおります。
短い夏はしっかり楽しまないと。

来週末からスイスだー!

[PR]
by maai22 | 2009-05-28 17:16 |
お誕生日

a0096464_1985921.jpg


「まあ、プレゼントを頂いたわ!
開けてもいいかしら?」



a0096464_1993294.jpg


「ええ、もちろんですとも。Vilma様。
素敵ね、何が出てくるのかしら。」



—なんていうおだやかな雰囲気では全くなかったけど(笑)。


この日は私がお世話になっている家族の長女、Vilmaの誕生日パーティ。
もうりっぱな3歳のお姉さん。

二人のお姫様(一人は "自称" お姫様)はこの日、すっかりその気。
彼らのなりきりお姫様ごっこの様子に、笑いをこらえることはできなかった(笑)

んーそれにしても、くりくりパーマ、冠にドレス。
見事なお姫様だったなー。



a0096464_1995983.jpg


お誕生日パーティには親戚や友達がたくさんお祝いに来てくれる。
この日も入れ替え含めて、お客さんは総勢20名。

国の人口のほとんどが首都ヘルシンキ周辺に住んでいるフィンランド。
こういったお祝いに、家族が集まることをとても大切にしている。
もちろん何百キロも離れたところから駆けつける、ということはそんなに無いけど、
家族の暖かさいっぱいの誕生日パーティはとても素敵だと、いつも思う。


おかげでお母さんは前日から準備でフル稼働。
2種類の甘くないケーキ、プリンセスケーキ、プリンセスクッキー、そしてpulla。
どれもとてもおいしかった。




a0096464_19101935.jpg


双子ちゃんたちもおおきくなった。
もう、だっこすると次の日筋肉痛。
[PR]
by maai22 | 2009-05-13 20:00 |
Vappu

a0096464_1823379.jpg


4月30日。
今仕事をしているオフィスのボスの
新しいセーリングボートのお披露目会なるものがあって、
オフィスメンバー全員が仕事を2時に切り上げ、とことこ歩いてちかくの港へ。
お披露目会ってだけでちょっと面白いけど、
フィンランド人にとって自分の船を持つことはとても夢のようなこと。



a0096464_18235734.jpg


なんとも誇らしげに我が船のプレゼンをする、御長老のボス。まだまだ現役です。

ボスは船のインテリアをほぼ全て、自分のためにカスタマイズ設計。
海に浮かぶ、もう一つの彼の家をデザインしたわけですな。

フィンランドでセーリングが出来るのはほんの数ヶ月。
夏が終われば、海から運び出さないといけないし、メンテナンスは大変だしお金はかかる。

それでも船を持つことを夢見る心持ちはとても素敵だと思う。

私たちはこの季節に欠かせない、"sima"というレモン味の微小アルコール飲料と
ミニドーナッツをほうばって、新しい船と、春の到来に乾杯した。



a0096464_18243175.jpg


Vappu というのはフィンランドでのMay Dayのことで、5月1日。
基本的にWorker's Dayのはずだけど、なぜか学生が中心に、
かつフィンランドでは春を迎える季節であることもあって、
前日の4月30日から、ものすんごいお祭りになる。
今年は最高にいい天気に恵まれた。



a0096464_18245391.jpg


ヘルシンキはとにかく人、人、人。
30日から1日に欠けては、まるでそうすることが許されているかのように、
みんな飲んだくれる。
街のあちこちでシャンパンがポンポン開けられる様子が印象的だった。



a0096464_18252188.jpg


次の日、1日は友達とヘルシンキの公園にピクニックへ。

グリルセットを20ユーロで購入し、BBQ。
芝生に寝転がりながら暖かい日差しを浴びて、ビールを飲み、ソーセージを食べ、
楽しい時間を過ごした。



a0096464_18254126.jpg



グリルの向こうには、
また信じられないくらいのたくさんの人がピクニックしていたのでした。
[PR]
by maai22 | 2009-05-02 18:59 |


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31